2009年07月20日

ベネッセハウス テラスレストランで朝食

スポンサードリンク



ベネッセハウス、ミュージアム棟での朝になりました。
9月半ばは残暑で、朝は日差しが強く、けだるいです。
しかし、目覚めはすっきりとしていて、昨夜のワクワクして起きていたのがウソのような開放感がありました。

私達は朝食をとるために宿泊したミュージアムの宿泊棟から、朝食の取れるテラスレストランまでお散歩しながら向かいました。
テラスレストランは、ベネッセハウス、パーク棟の続きの、廊下奥にあります。まず、パーク棟入り口から入り、中を通ってテラスレストランに行きます。行く先々にも各々作品が展示されています。
また、ミュージアム棟からパーク棟への、送迎用循環バスもあるので時間を確認して、バスに乗るのもいいとおもいます。


IMG_1682.jpg


昨夜も行ったテラスレストラン。
昨夜は暗くてどんな外観か見えなかったけど、朝になって見ると、ビーチバルコニーといった爽やかなレストランだということがわかります。


IMG_1665.jpg

テラスレストランの朝食はビュッフェスタイル。


IMG_1672.jpg


洋(パン・シリアル・スクランブルエッグ…)
和(ごはん・味噌汁・海鮮類…)
と充実してます。
朝はそんなにたくさん食べない私なので種類はそう問題ではないけど、メニューはそんなにたくさんあるわけではなく、だけど丁度良い程度の品揃えです。


今まで高級ホテルや、海外の朝食ビュッフェを体験したこともあったけど、ここの朝食はそんな私の経験のなかでも上位にくるほど好きになりました。


IMG_1674.jpg


それは
直島という島がそうさせるのでしょうか?

メニューの内容だってシンプルで、食器や、さりげなく置いてあるジュースの入ってるボトルだとか、シンプルだけど、清潔感あるデザインであることもすごく気に入っています。

ここまで海が近くて、それでいて清潔で、夏の朝日があって。

ほとんどが窓際で、海側一面が窓なので、朝から直島の海の青さと、日差しをたっぷりあびることができます。

posted by 直島 at 00:39 | テラスレストラン

2007年12月06日

ベネッセハウス テラスレストランで夕食

スポンサードリンク



夕食はテラスレストランでいただきました。
海が目の前の海側は一面ガラス窓。
夏の終わりの夕食時はちょうど夕暮れで、海に沈むSunsetを見ながら食事ができます。


R0011433.jpg


事前予約はなしだったので、チェックインの時にテラスレストランの時間予約をしました。
事前予約はなしでも、当日時間予約はしたほうがいいかもしれないです。
私がチェックインしたときにはすでに時間が埋まっていて、ちょうどいい時間はだめでした。

蔡国強さんの「文化大混浴 直島のためのプロジェクト」作品を体験したあと、
夕食に向かいました。

移動は循環バスが便利です。
どこも歩いて行ける距離ですが、時間を調べて効率よく使いこなせば不自由はなかったです。


テラスレストランでの私が頂いた
予約なしで食べれる夕食をご紹介いたします。


予約なしで食べれる夕食は

・ローズマリー 4,200円
・オリーブ 6,300円
・ラベンダー 8,400円
・ステーキディナー 7,875円

といった中から選べます。


私はやっぱり、小豆島特産のオリーブが頂ける「オリーブ」コースにしました。

R0011509.jpg




○オリーブコース
ちょっと色が見にくいですが…


・前菜
かぼちゃの甘い前菜
R0011435.jpg


・サラダ
いかと野菜のサラダ
R0011439.jpg


・本日のスープ
冷たいコーンポタージュスープのオリーブオイルかけ
オリーブオイルがコーンポタージュスープとよくあいます
R0011440.jpg


・本日のお魚料理
白身のお魚です
R0011443.jpg


・本日のお肉料理
子羊はとてもやわらかく、臭みもなくとってもおいしかったです
R0011444.jpg


・デザート
いくつか選べました
私のはオレンジケーキです
R0011449.jpg


・コーヒー
カップがかわいい!
R0011451.jpg




(前菜、本日のスープ、本日のお魚料理、本日のお肉料理、サラダ、デザート、コーヒー、パン)

といった具合にもうこれでおなかいっぱい。とっても満足な内容でした。食事にはグラスワインを一杯ずついただきました。アルコールもおいしく、2時間たっぷり、ゆっくり、落ち着いた時間を過ごすことができました。
posted by 直島 at 17:02 | テラスレストラン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。