2008年02月08日

直島内での交通案内

スポンサードリンク



直島での交通手段をここでは紹介します。
小さな島ですが、見所満載。
そんな直島を全部見てまわるには、ポイント地点まで向かう時間を短縮して効率よく交通機関を使うのがおススメです☆


IMG_1366.jpg

写真は 宮浦・本村港
ここにフェリーが停まり、降りたところにバスが待っています。



島内は基本的にバスが便利です。
または昼間であれば散歩がてら徒歩で充分いろいろ周れます。





○島内は市営バスが便利です。

料金:大人100円、子供(小学生以下5歳まで)50円
バスの行く区間は一律料金になっています。



IMG_1502.jpg


ベネッセハウスに宿泊の方は専用バスが無料であります。
シャトルバスはベネッセハウスはもとより、
宮ノ浦港・本村港・地中美術館をはじめアートサイト直島の主要箇所をカバーしているので宿泊される方はこれが一番便利です。

ちょっと移動するにもバスはとても便利ですが、時刻表を必ず持ち歩くといいでしょう。
このバスは便利だったので、私は時刻表をずっと持っていました。





○時間があるなら、ゆっくり歩いて景色をじっくり見て、直島を全身で感じながら回るのもおススメ。
徒歩の場合、時間の目安としては、

宮ノ浦港→本村(約30分)

本村→ベネッセハウス(約30分)

ベネッセハウス→地中美術館(約30分)

地中美術館→宮ノ浦港(約30分)

くらいだと思います。



R0011393.jpg




ウォーキングのための地図が、直島町観光協会のサイトにあります。

これを参考に歩くのも楽しいですし、
例えば私は、地中美術館から、ベネッセハウス北ゲートまで。そしてベネッセ美術館までは歩いて行きました。
三島喜美代さんの「もうひとつの再生 2005-N」を鑑賞して散歩しました。
ゆっくり歩いて小一時間。
バスより景色を存分に楽しむことができます。
写真を撮ったり、絵を描いたり。
瀬戸内海を満喫できます。

タクシーは島内に1台あるようです。(要予約)



posted by 直島 at 09:22 | 直島内での交通案内
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。